猫砂

猫砂の消臭効果でランキング

猫のトイレにには「猫砂」が欠かせません。掃除がしやすく、愛猫が快適に過ごせるものを選びたいですよね。

しかし、猫砂にはヒノキや紙、おからなど素材の違うものがたくさんあります。どれが一番いいのか悩んでいませんか?

 

この記事では、おすすめの猫砂の人気商品を、選び方のコツとともにご紹介します。

ユニ・チャーム、アイリスオーヤマ、花王など有名メーカーがたくさんあります。

猫が快適に使えるだけでなく、飼い主さんにとっても嬉しい猫砂をぜひ探してみてくださいね。

猫砂の選び方

猫を飼っている方であれば、どのような猫砂が猫にとって快適で使いやすいのか気になりますよね。そこで、まずは愛猫に最適な猫砂の選び方のコツをご紹介します。

素材の特性を比較して選ぶ

猫砂の素材は大きく分けて「紙」「鉱物」「木」「おから」「シリカゲル」の5種類があります。それぞれの素材の特性をメモして、猫にとっても飼い主にとっても快適なものを選びましょう。

紙:軽くてとても吸収力があります。トイレに流せるので衛生的。

紙製の猫砂のメリットは、吸収力が高く、トイレに流せることです。使用済みの猫砂を家の周りに放置しておく必要がないので、衛生面が気になる飼い主さんに最適です。軽くて持ち運びしやすいので、一人暮らしの女性でも安心して扱えます。

しかし、紙の猫砂に含まれる吸収性ポリマーが原因でトイレが詰まったという報告もあります。流す量の目安は、1回に1クランプです。ごみ箱が詰まっている場合は、ラバーカップを使用するか、業者を呼ぶのが一番です。

鉱物:砂のように感じ、猫の不快感が少ない

ミネラル:砂のように感じ、猫の不快感を軽減します。
ベントナイトなどのミネラル系の猫砂は、砂のような感触で猫にも使いやすいです。吸水性に優れていますが、細かいので迷子になりやすいのが難点です。なるべく粉が出ないものを選ぶと良いでしょう。

 

木製:消臭力が高く、お手入れも簡単です。

他の素材に比べて、環境に優しい木材で作られた猫砂は、猫砂そのものの匂いが少ないです。一般的には可燃ごみとして処分されますが、猫砂の中にはトイレに流せるものもあるので、どのように処分するかは自分で決めましょう。

消臭力が高く、比較的軽いので、木製の猫砂を使い続けている人もいます。

おから:水しぶきに強く、吸収・消臭効果が高い。

猫を飼っていない人は、「猫砂の中のオカラって不思議?」しかし、おからは猫砂の素材としても人気があります。

ホコリがたまりにくく、吸水性、消臭効果ともに優れています。おからの独特の匂いに最初は驚くかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。

シリカゲル:消臭効果に優れています。


消臭剤として使用されているシリカゲル入りの猫砂は、非常に高い消臭力を持っています。消臭力に優れているので、夏場など臭いが気になる時にも使いやすいです。

安全性については、シリカゲルは純度が高く、水晶や水晶と同じ物質なので毒性はありません。猫が誤って食べてしまった場合、少量であれば体内に吸収されずに排泄されますが、口腔内や食道に炎症を起こすこともあるので、獣医師の診察を受けるようにしましょう。

 

消臭力の高い商品を選ぶ

 

安全性については、シリカゲルは純度が高く、水晶や水晶と同じ物質なので毒性はありません。猫が誤って食べてしまった場合、少量であれば体内に吸収されずに排泄されますが、口腔内や食道に炎症を起こすこともあるので、獣医師の診察を受けるようにしましょう。

-猫砂
-

© 2021 デニーロ鶴之介のブログ Powered by AFFINGER5